ホーム>院長の思い

がん統合医療で、イキイキ元気になっていただきたい

私が、がん治療に取り組むようになって20年以上もの年月が経とうとしています。

大学病院時代に、手術、抗がん剤、放射線という、いわゆる三大治療でがん治療を実践していた私は、やがてその限界を実感しました。

患者さんのためにと思って続けている治療が、副作用で患者さんの心と体を苦しめ、治してあげたいのに手立てのないもどかしさに、自分自身もすり減っていく気持ちでした。

そんななかで出会ったのが統合医療です。統合医療との出会いは、医師である私にとって大きな転換点になりました。

統合医療は、現代西洋医学だけにとどまらず、ライフスタイル、補完代替医療や最新の医療まで目を向けて、複合的に治療しようというもので、標準治療と大きく異なるのは、いくつもの検査や、治療の中から、患者さんが自分で選択肢を選ぶことができるところです。

統合医療では、進行中のがんが消えたり、余命宣告されても人生を楽しんでいたりなど、奇跡のような経過をたどる人がおられます。

また標準治療で、もう打つ手がないと宣告され、沈んでいた患者さんの表情が、統合医療と出会い、治療法の可能性がわかって、はっきりと明るくなるところを何度も経験しました。

これからも私は、福岡市に隣接した大野城市で、がんで苦しんでおられる患者さんに、がんの統合治療や、がんの予防医療を通じて、イキイキ元気になってもらうことを目標に頑張っていきます。

喜多村クリニック 院長 喜多村 邦弘

院長のあいさつ

がん治療・在宅医療に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。 院長の喜多村が直接承ります。



フコイダン療法での、がん治療医療の相談は「がん治療ホットライン」

フコイダンを用いた、がん治療の研究は「LMF研究会」